試着・試し履きしたい時に役立つJavariクーポン活用術!

※最近は〇〇円以上の購入で〇〇%OFFというクーポンが増えたため、あまり使う機会がありませんが、「〇〇円以上で〇〇円OFF」というクーポンが出たときはお得に使える方法です。

 

Javariクーポンの賢い使い方として、Javariクーポン活用術を紹介していますが、この方法は使用回数無制限のクーポンでしか使えない方法です。

 

仮に1人1回しか使用できないクーポンの場合は使えません。
そして、1つのクーポンでまとめ買いした時はクーポンによっては返品時にちょっと損した気分を味わってしまうことがあります。

 

Javariクーポン利用時の注意点

Javariクーポンは使用したクーポンの金額が返品価格からも減額されます。

 

例えば「2,000円引きクーポン」の場合、
10,000円の商品を試し履きを前提として2サイズ購入し、最終的に1足買って1足返品するとします。

 

この場合、20,000円の2,000円OFFで18,000円での購入です。
しかし、1足返品すると10,000円返ってくると思ってしまうものですが、実際は10,000円の商品に2,000円が案分されているためそれぞれの靴に1,000円ずつ割引が適用されています。
そのため、この場合10,000円ではなく、9,000円の返金になります。

 

1足のみの購入であれば2,000円の割引ですが、2足になると1,000円になってしまうというわけです。
ちょっと損した気分になりますよね。これは試着・試し履きを行う時に起こりやすい問題です。

 

そんな試着を前提として1つのクーポンで複数商品を購入するときの賢い購入方法を紹介します。

 

絶対購入する物にクーポン券を使う

返品する予定がないもの、または、まず返品しないだろうものを購入する時にクーポン券を使用して、サイズ確認やカラーで迷っている時、試着や試し履き、デザインの確認を行いたい商品を購入する時はクーポンを使わずに購入します。

 

「本命はクーポン券を使う、サイズ確認は普通に買う」
すると、返品時でもクーポンから減額されることなく試着・試し履きをして商品を選ぶことができます。

 

買い物を複数回に分けるため手間が増えますが、ちょっとでも安くお得に購入したい時に使える方法です。
これはJavariの送料無料・返品無料が可能にする技で、複数回に分けて購入しても特に損がないためできる方法でもあります。
機会があったらぜひ試してみて下さい。

 

でも判断は少し難しい

実際のところは絶対購入するものというとちょっと判断が難しいですが、返品する予定がない時にクーポンを使うと返品時に損をすることもなくなるはずです。

 

ただし、返品するにしても結局クーポン券は使った方がお得なのには変わりないのでクーポン券はなるべく活用していきましょう。